AUTHOR : 山本倫大 / 東京でサラリーマンをしていましたが、2013年就農しました。

最近のエントリー

過去のエントリー

2017年
1月(1)
2016年
1月(1) 2月(1) 3月(2)
5月(1) 6月(1) 8月(3)
10月(2) 11月(1)
2015年
1月(2) 2月(1) 3月(1)
4月(3) 5月(2) 6月(2)
7月(2) 9月(4) 11月(3)
12月(3)
2014年
1月(5) 2月(4) 3月(4)
4月(3) 5月(3) 6月(3)
7月(2) 8月(1) 9月(2)
10月(4) 11月(2) 12月(1)
2013年
2月(5) 3月(3) 4月(1)
5月(2) 6月(3) 7月(2)
9月(5) 10月(2) 11月(1)
12月(5)

タグ

桜の季節ですね。

仕事の合間に、みんなで地元の阿蘇神社に花見にでかけました。

天気も良く、桜も満開で、とても気持ちが良かったです。





神社の参道に続く商店街まで桜が満開でした。

お参りの後は、商店街でソフトクリームを食べてお花見。



阿蘇の清い湧き水も見て、みんなで気分リフレッシュできました。



激甘いちご

世の中のいちごは、だいたい糖度8〜13度くらいが一般的なようです。

ちなみに、あそ有機農園のいちごは糖度12〜15くらいです。(下写真)



しかし...
さらに甘いいちごがあるのです!!!

それがこちら。

一見すると、すこし表面にざらつきがあり、いちごならではのツヤツヤ感がないようです。

ですが、糖度を測ってみると...

なんと!糖度25.5です!!

普通のいちごのおよそ2倍ほども甘い、このいちご。

実は、見た目が悪いのでこれまでは規格外として破棄していました...

見た目は悪いけど、すごく甘いので、ホームページで予約販売しちゃおうかな...
ランナーという茎が伸びて、その先に新しい葉っぱと花が付いていました。こうやって新しい株をつくろうとするんですね。



   ・写真上:伸びたランナー
   ・写真下:伸びてその先に新しい葉と花がついたランナー

でも、栄養が分散するので、このランナーはとりのぞきます。

そういえば、いちごのハウスには約2万株のいちごがあるのですが、株が分かれるこの性質を利用して、苗を作っています。

ですから、ハウス内のいちごはすべて株分かれでできたクローンなのです!