AUTHOR : 山本倫大 / 東京でサラリーマンをしていましたが、2013年就農しました。

最近のエントリー

過去のエントリー

2017年
1月(1)
2016年
1月(1) 2月(1) 3月(2)
5月(1) 6月(1) 8月(3)
10月(2) 11月(1)
2015年
1月(2) 2月(1) 3月(1)
4月(3) 5月(2) 6月(2)
7月(2) 9月(4) 11月(3)
12月(3)
2014年
1月(5) 2月(4) 3月(4)
4月(3) 5月(3) 6月(3)
7月(2) 8月(1) 9月(2)
10月(4) 11月(2) 12月(1)
2013年
2月(5) 3月(3) 4月(1)
5月(2) 6月(3) 7月(2)
9月(5) 10月(2) 11月(1)
12月(5)

タグ

お米、トマト、イチゴの他にもいろいろな野菜を植えています。

先日は、冬に植えたジャガイモを収穫しました。


野菜ソムリエの奥さんが、とれたジャガイモでコロッケを作ってくれました。
手づくりで出来立てのコロッケはとても美味しいです。


そして、田植えやトマトの手入れが一段落した6月上旬には、またたくさんの野菜の種をまきました。
まいたのは下記の野菜です。
  • 子かぶ
  • ラディッシュ
  • ズッキーニ
  • とうもろこし
  • キャベツ
  • にんじん
  • 水菜
  • スイカ
  • 小松菜
  • ほうれん草
  • サニーレタス
  • サンチュ




種をまいてしばらくはそのまま放置していましたが、昨日畑を見てみたら野菜の芽が出ていました。5月に苗で植えていたスイカは小さい実がついていました。


例年よりたくさんの種類の種をまいたので収穫が今から楽しみです。
収穫できるようになったら随時 野菜の詰め合わせ として購入いただけるようにする予定です。
野菜詰め合わせはしばらく停止していましたが、再開しましたらどうぞよろしくお願いいたします。


道の駅阿蘇では、お米キューブを常時販売中です。


そして、阿蘇のお土産にピッタリの阿蘇をモチーフにしたデザインのTシャツを販売しています。今後ホームページでも購入できるようにする予定です。 阿蘇にお越しの際には、お土産に是非ご検討ください。



フェイスブックでお知らせしましたが、6月よりあそ有機農園のホームページでは、ご飯のおともにピッタリのアイテムの販売を開始しています。

1つ目は手づくりの薫製です。製造されているのは「ひばり工房」さんです。阿蘇で40年以上愛され続けている手づくりのベーコン、ハム、ソーセージは絶品でごはんとよく合います。



2つ目は農薬化学肥料不使用の野菜を使用した、化学調味料無添加のお漬物です。
製造は「漬物工房まんまミーア」さんです。代表の佐藤さんがご自分で育てた野菜や、有機農業仲間から仕入れた生産者の顔が見える野菜を有機玄米酢などのこだわりの調味料でつけ込んでいます。昔ながらの製法で出来たお漬物とご飯の組み合わせはまさに王道です。



いろいろな商品がありますので、今後ともあそ有機農園の通信販売ページをどうぞよろしくお願いいたします。


******


5月末に南阿蘇村で開催された 阿蘇ロックフェスティバル に行ってきました!
今年が初開催なのに終日雨で大変でしたが、最高に盛り上がった良いフェスでした。 また来年も参戦したいと思います。



最近の農園猫は連日の雨にちょっと憂鬱そうですが、相変わらず2匹仲良く元気に過ごしています。



5月と6月の農園

前回ブログを書いてから1ヶ月以上たってしまいました。その間農園の様子をご紹介します。

まず、トマトについてです。
5月の上旬に約30cmくらいの大きさの苗を地面に植え付けました。


その後、約1月半たった6月20日頃トマトは腰の高さよりも高い位置にまで成長し、いよいよ収穫が始まりました。



夏秋収穫のトマトは収穫した後も追熟(ついじゅく)してどんどん色が赤くなります。また、気温が高く劣化も心配されますので、阿蘇の夏秋トマトはほとんど緑色で収穫します。スーパーの店頭に並んで皆様の手元に届く頃には赤く色づきます。


秋に植えて昨年11月から収穫を続けていたいちごは、JAへの出荷を5月20日頃に終了しました。それでもいちごは元気に実をつけ続けますので、無料で解放していました。たくさんの方にお越し頂き、いろいろと差し入れを頂き本当にありがとうございました。


お米は、5月下旬に田植えをしました。



田植えに先立ち5月20日頃、お米の栽培で活躍する鴨ちゃんたちが大阪からはるばる宅急便でやってきました。



6月の上旬にネットや電線を張った田んぼから順次鴨を放しました。


田んぼに入るとすぐに水中の虫などを食べていました。



最近では体の色が白くなってきて、稲と一緒に日に日に成長しています。


今年も鴨が頑張って米の栽培を手伝ってくれています。