AUTHOR : 山本倫大 / 東京でサラリーマンをしていましたが、2013年就農しました。

最近のエントリー

過去のエントリー

2017年
1月(1)
2016年
1月(1) 2月(1) 3月(2)
5月(1) 6月(1) 8月(3)
10月(2) 11月(1)
2015年
1月(2) 2月(1) 3月(1)
4月(3) 5月(2) 6月(2)
7月(2) 9月(4) 11月(3)
12月(3)
2014年
1月(5) 2月(4) 3月(4)
4月(3) 5月(3) 6月(3)
7月(2) 8月(1) 9月(2)
10月(4) 11月(2) 12月(1)
2013年
2月(5) 3月(3) 4月(1)
5月(2) 6月(3) 7月(2)
9月(5) 10月(2) 11月(1)
12月(5)

タグ

9月から10月にかけては、毎日のトマトの収穫と、イチゴの定植、稲刈りと新米の発送など、とても忙しい時期です。
今年はなかなか気温が下がらず、秋になっても夏のような暑い日が多かった印象です。 そうかと思えば最近は急に気温が下がって、秋を飛び越して冬が来たような感覚になります。


トマトは人の背丈を超えて、どんどん伸びています。
もうシーズン終盤で量も減ったので、最近は1日おきの収穫になりました。


ハウスでハートの形をしたトマトを見つけました。



9月13,14日と16,17日の4日間でイチゴの定植作業をしました。
今年は、助っ人の方がのべ6人来てくださったおかげでかなりスムーズに作業が進みました。


昼ご飯には前日の夜仕込んでおいた僕の手づくりカレーを皆でたべました。
我ながらおいしく出来たと思います。
ご協力頂いた皆さん!本当に助かりました。ありがとうございました!!


例年は「さがほのか」1品種ですが、今年は「ゆうべに」という新品種を加えて、合計2品種を栽培します。

こちらが「さがほのか」です。

そしてこちらが新品種「ゆうべに」です。
熊本県が独自に開発した品種で、昨年名前が決まり、今年から流通する品種だそうです。
まだ作っている農家は少ないですが、もしスーパーなどで見かけたらよろしくお願いします。




9月末には合鴨米の稲刈りです。
数日に渡っての作業ですが途中まとまった雨が降って困りました。
雨の止み間をねらって急いで刈り終えました。

雨のせいでまだ地面がぬかるんだ状態です。



鴨を放したり、草を取ったりして手をかけてきたので、刈り終えたら何とも言えないすっきりした気持です。

収穫したてのお米を食べたところ、バッチリおいしく出来ていました。
やっぱり新米は格別ですね。
新米はこのホームページからご注文いただけます。
▶︎ 通信販売ページ

この時期だけの新鮮な風味を是非お試しください。


お米の収穫がすべて終わって数日後の10月8日、阿蘇山が爆発的な噴火をして、風下に膨大な量の火山灰や噴石などが飛びました。
写真はうちのハウス近辺に降った灰です。これはまだ降灰が少ない方で、車で5〜10分程移動した先は一面真っ白の別世界でした。あらゆるところに灰が積もり、道も建物も街路樹も灰の色で真っ白になっていて、車道の真ん中だけ辛うじて元の路面の色が見える状態でした。噴火から2週間以上経った今も、灰が処理しきれず灰を取り除く作業が続けられています。
ちょうどイチゴのハウスのビニール張り替えなどをしている農家が多い季節で、ビニールを取っていたところに大量の灰が降り込んで、壊滅的なダメージを受けた生産者もいます。また、稲刈りが終わっていなかった農家は、刈り取りや乾燥・籾摺りなどの各種機械に灰が詰まったり、でき上がった米に灰が入らないように対応しなければならず、場合によっていは食用米として出荷できない事もあり得ます。
いつも大自然の恩恵を受けながら暮らしているとは言え、こうした被害を見ると大変なところに住んでいる事を再認識します。
これだけ科学技術が進歩しても、地震や噴火の予測は出来ず発生後の原因特定も明確にはできないので、やはり自然は人知を超えた畏れの対象ですね。 大昔の人がこうした自然の力を神と結びつけて信仰の対象としたのもわかる気がします。
うちのお米は収穫が終わっていて被害はありませんでした。大変ご心配をおかけしました。ご連絡をいただいた皆様、ありがとうございました。




イチゴのハウスも幸い大きな被害は無く、イチゴは順調に育っています。
今年も、受粉用の蜂や、害虫駆除のための天敵益虫をハウスにいれました。
参考:過去記事「イチゴ栽培のために活躍する虫たち

こちらは天敵益虫の一つです。小さいプラスチックのボトルにおがくずと一緒にダニが入っています。

ボトルの口にたくさんついている小さな点がすべてダニです。

ハウスの中に振りまいてゆきます。

ダニの住処として稲わらを置いています。



最近は、トマトハウスの猫たちが大きくなってきて、もう完全に乳離れしました。

中でも一番人懐こいのがこの白黒の猫です。
みんな「らいぞう」と呼んでいます。

だっこされるのが好きで、人影を見つけたら全力で走ってきて甘えて飛び乗ってきます。

子猫は全部で5匹います。里親募集中です。

山形研修とねこ

こんにちは。今回は嫁が担当します。
ブログの更新が滞り気味となってしまいました。
些細なことも書いていこうと思います。

さて、少し前になりますが、8/3、4に山形県にて開催された 大地を守る会の全国農業後継者会議に出席してきました。

▼会議の模様。渡辺映画監督の講演。

大地を守る会は大地宅配などで有名ですが、販売だけでなく生産者同士の会議や交流の場をつくることにも尽力されています。 有機農業に取り組む全国の農家さんと交流できる機会はなかなかないのでありがたいです。

今回は山形県高畠町で開催されました。
この辺りは山形県南部の盆地で夏はとても暑くなるそうです。 九州出身の私達からすると東北は涼しい(寒い)イメージがありましたが、この会議の頃も九州と同じくらい暑かったです。

▼新幹線から見えた風景。盆地なので阿蘇と似た感じがしました。

講演では地元の映画監督 渡辺智史さんのお話と映画「在来作物で味覚のレッスン」や「よみがえりのレシピ」の上映がありました。
子供たちが在来作物(種を年々受け継ぎ、地域に根付いた野菜)を郷土料理として味わうなかで、味覚の五味(甘い、しょっぱい、酸っぱい、苦い、うま味)を学ぶ様子がよくわかります。
食べることが地域の食文化や農業、環境を守ることにつながるということを学びました。

▼映画上映中。


そして、この後継者会議は泊まり込みで行われますので、夜の宴会も楽しみのひとつです。
▼豪華な宴席。

▼朝ごはんも食べきれないくらいたくさんのメニュー。
「かてもの」という地元のお漬物など箸休め的な食べ物もあり美味しかったです。


宿泊したのは赤湯温泉 御殿守というところで、創業370余年の老舗旅館です。 戦国武将 上杉家の別荘として使われ上杉の御湯としても知られています。

▼全国武将の兜がたくさん飾られています。

▼旅館のなかに資料館もあります。

▼足湯もあります。洞窟などもあり、楽しい館内です。

もちろん温泉もいいお湯で大満足でした。みんな朝風呂まで楽しんでいました。


翌日は地元農家さんの圃場(ほじょう)視察です。

まずは、さくらんぼ圃場。
私達の近所では果樹はほとんどないのでとても珍しく勉強になりました。

▼さくらんぼの実ができる部分。一年ごとに年輪のようひ伸びていく。


次はぶどう農家さんの圃場です。
このように山の斜面にビニールハウスをはり、中でぶどうを栽培しています。

▼斜面にすずなりのぶどう。

▼とてもきれいなぶどうです。

▼全部ぶどうです。すごい。

▼デラウェアを味見させてもらいました。とても美味しかったです。


次は枝豆の選別を見学しました。

▼手作業で選別。

▼機械で袋詰め。ひとつひとつ丁寧に作業されています。

▼袋詰めされた枝豆。


こちらも茹でたものを試食させてもらいましたが、とても美味しかったです。すごく甘い。お取り寄せしたいです。

以上、後継者会議のレポートでした。

このような会議が毎年全国各地で開催されていて、毎年の参加が楽しみのひとつとなっています。
大地を守る会の社員の方には同年代の若手もたくさんいらっしゃるので、一緒に企画を考えたりするのもこの会議ならではのことで有意義です。
また来年もレポートしていこうと思います。



最近のねこについても少し。

▼我が家の猫2匹。相変わらず仲良しです。
一緒にお昼寝。少し触ってるところが可愛い。

▼天井近くの高い場所でくつろぐ2匹。


以前の農園だより(会報)でも書いてありましたが、トマトのハウスに野良猫が住み着いていて、子猫が5匹います。(里親募集中)

▼一番人懐こい白黒ハチワレ(オス)

▼2番目に人懐こい黒猫(メス)

▼一番慣れてないサビ(たぶんメス)


情がうつるまえに里親に出したいですが、すっかり飼いたくなってしまっている私です。