AUTHOR : 山本倫大 / 東京でサラリーマンをしていましたが、2013年就農しました。

最近のエントリー

過去のエントリー

2017年
1月(1)
2016年
1月(1) 2月(1) 3月(2)
5月(1) 6月(1) 8月(3)
10月(2) 11月(1)
2015年
1月(2) 2月(1) 3月(1)
4月(3) 5月(2) 6月(2)
7月(2) 9月(4) 11月(3)
12月(3)
2014年
1月(5) 2月(4) 3月(4)
4月(3) 5月(3) 6月(3)
7月(2) 8月(1) 9月(2)
10月(4) 11月(2) 12月(1)
2013年
2月(5) 3月(3) 4月(1)
5月(2) 6月(3) 7月(2)
9月(5) 10月(2) 11月(1)
12月(5)

タグ

前回のブログからだいぶ時間が経ってしまいましたが、4月と5月前半の事について書いてみます。

4月2日と7日の2回に分けてトマトの鉢上げをしました。
小さい苗を仕入れて、土を入れ準備しておいたポットに植え付けてゆきます。



4月前半には田んぼの畦を塗り直したり、肥料ふり、荒起こしなど米作りの準備も徐々に始めました。

そして今年秋に植える次期作のイチゴの苗の準備も始めます。
苗をつくるポットに土を詰めてゆきます。

4月中頃にはトマト苗もだいぶ大きくなり、毎日の水やりがはじまります。



そしてこの頃、熊本地震が発生しました。
寝ていたのでぼんやりとしか覚えていないのですが、ベッドごと揺られて何が起きているかわからず現実だと信じられない気持だったと思います。 すぐに家から出て、建物からはなれて車の中で夜を明かしました。
翌朝5時頃起きて、家に戻ってみるといろいろなものが落ちたり倒れたりしていました。 人的被害や、大きな建物被害などが無かったのが不幸中の幸いでした。



外に出てみると、いつも使う道路にヒビが入って割れていたり、阿蘇山から煙が出たりしていました。



水、ガス、水道が止まっていたので地域の人が集まり水道管を直すなどしましたが、結局水が出るまで丸2日かかりました。
それまでの間は近所の湧き水を汲んできて、その水で過ごしました。

ガスはプロパンガスだったので、取り外してガステーブルにつないで煮炊きをしました。 また、電気が無いので暗くなる前に夕食を済ませようと、午後3時には食事の支度をして食べました。

まだ揺れが頻繁に続いていたので車の中に布団を敷いて寝ました。

地震の翌朝にはイチゴのハウスの中からは数カ所から突然水が湧き始め、朝ハウスをみてみると水浸しになっていました。
地面に溝をつけてハウスの外に向けて水路を造って、水がハウスの中に溜まらないようにして応急処置をしましたが、結局この湧き水は、その後3日間で続けてやっと止まりました。

毎朝続けていたイチゴの収穫も、JAの選果場や運送トラックなどの関連機関が機能停止し、収穫しても出荷する先がないという状態で、地震後2日間は収穫出来ませんでした。イチゴは毎日収穫しないと、すぐに熟れ過ぎて腐ってしまい、株自体がだめになってしまいます。
3日目からやっと収穫を再開して、とりあえず配れるところに配るということではじめました。
5日目頃からJAが荷受けを始めましたが、選果のスタッフの方も出勤できないのでパック詰めは各農家で済ませて持ち込む必要が有ります。普段はJAに選果とパック詰めを委託しているので、スタッフ一同ほとんど初めてまたは久しぶりにパック詰めをしました。 2~3回はこうして収穫・選果・パック詰めをしたのですが、普段しない作業なのでとても時間がかかってほとんど1日つぶれてしまいます。
家の片付けなど毎日の生活の再建、トマト植えや田んぼの準備など農作業が忙しくなってくるという事もあり、これ以上は収穫は出来ないと判断しイチゴは例年より1ヶ月程度早く収穫終了としました。


そんなこんなで過ごしていましたが、毎年4月後半から5月いっぱいはトマトの定植(地面に苗を植え付ける作業)と田植えがあり、農作業が1年で一番忙しい時期です。続く余震の中トマトのハウス内に肥料を入れて耕し、灌水チューブやマルチ、支柱を準備してトマトを植えます。







また、お米の方も籾種を塩水選し、温湯消毒、水につけて、その後苗箱に種まきしました。



例年この時期まで続けているイチゴの収穫がないおかげで作業はいつもより前倒しで進み、はかどりました。


ゴールデンウィークを中心に、お米の注文もたくさんいただき、例年の半年分くらいの在庫量がほとんど1週間程度で完売してしまいました。
お米は収穫が年に1回しかないので、10月に収穫予定の新米までホームページは売り切れとさせていただいています。
購入いただくお客様の中には震災復興支援という事でお仲間数十名でお金を出し合って当社のお米やジャムなどをまとめ買いしてくださる方もいらっしゃいました。ありがとうございました。 また、多くのお客様やお取引先様から暖かいお見舞いのメッセージをたくさん頂き、本当にありがとうございました。
こうしていろいろな方が熊本・阿蘇のことを心配してくださり応援してくださるのが励みになり、毎日の生活再建と農作業の両立も乗り越える事ができました。心より御礼申し上げます。ありがとうございました。


最後に猫についてですが、地震直後にはびっくりして家の外に飛び出して2日間くらい帰ってこなかったのですが、しばらくすると戻ってきてくれてみんなを和ませてくれました。





いまでは、ほとんど元通りの生活を取り戻しつつあります。
大変ご心配をおかけしましたが、引き続き作物の生産に頑張って参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

農作業システム

いつも農作業や日常生活のことをご紹介しているこのブログですが、今日は切り口を変えて農園の「web開発」についてご紹介します。

実はこのブログ、そしてあそ有機農園のホームページは、ホームページ制作会社に頼まずに僕が自分で作っています。

php,mysql,cssなどという言語でサイトを作っているのですが、プログラミングの方法はすべてGoogleで検索しながら作っています。
たいていの事はインターネットで調べられるから本当にありがたいです。

こんな感じの文字列を「mi」というテキストエディターで書いています。

日中は農作業や商品発送などでほとんどの時間を使うので、主に夜ご飯を食べてから寝るまでの間の時間で作っています。
ややこしくて細かい作業を1日のうちで一番眠くて頭がすっきりしない時間帯にするから、なかなかはかどらなかったりして大変ですが、日数をかけてなんとか作業を進めて作りました。
ちなみにこのホームページで一番作るのが大変だったのがこのブログのページでした。
実は大手のブログサービスみたいな管理画面もあり、写真のアップロードから記事の追加編集なども出来たりします。

何年か前、本を買ってプログラミングについて勉強しようとしたこともありましたが、そのときは途中でやめてしまいました。
数年後、このホームページをつくる必要が出てきたときに、具体的な目標のもとにまとまった成果物を作ったことで、プログラミングにだんんだん慣れてゆくことができました。
慣れてきて出来る事が増えてくると自分のアイデアを形にできるようになり、次第に楽しさも出てきます。


そして、年末年始の時間を利用して新しいwebシステムを作りました。
それが今回ご紹介する「農作業システム」です。

農作業は毎年1年間の流れがある程度決まっているので、その流れを記録していつでもスマートフォンなどで見れるようにするのが目的です。
今のところ完成した機能は、4つです。

  • 1.スケジュール
  • 2.作業方法
  • 3.日誌
  • 4.圃場

1.スケジュール

毎年の作業の流れをカレンダー式に表示する機能です。
いつまでに何の作業を終わらせておかなければならないかを一目で確認できます。

2.作業方法

農作業にはいろんな種類があり、それぞれ作業の進め方がある程度きまっています。
大体の作業の進め方は覚えていても、各作業は1年に1回しか実施しないため細かいことは忘れていたりします。 ですから例えば数値的な情報などは日誌を開いて以前の日記を見る必要があったりしました。
しかし、畑では日誌がすぐに見られないので「あれ?このハウス畝間何cmだっけ?」というふうに困ってしまう事もしばしばでした。
そんなとき、農作業システム作業方法の機能を使えば、どこにいても作業の進め方を確認できます。

作業中に準備不足で困らないように、準備物や必要な資材などのリストがあったり、写真付きで作業の手順を解説していたりします。

3.日誌

紙の手帳に日誌をつけるのも大事ですが、検索性・参照しやすさの面でシステム化する事にしました。 作業名は、事前にリスト化した作業名一覧から選択できるので、文字を入力する手間も省けます。 また、カレンダー付きなので年をまたいだ昔の日記も簡単に見る事が出来ます。

4.圃場

田んぼや畑、ハウスなど、場所ごとに広さなどを記録します。「西の角のところはぬかるみやすい」など場所ごとの特性もメモする事が出来ます。

上記の基本的な機能はだいたい完成していますが、今後は収量と天気・気温の相関や、肥料と収量の相関なども自動である程度分析できるような機能も作る予定です。


今は家族中心の少人数で農作業をしているのですが、記憶違いやコミュニケーション不足、認識のずれなどからムリ・ムダ・非効率が少なからず発生しています。
将来的に従業員が増えた場合に、口伝にだけ依存するような方法で農作業を教えていたら、記憶違いなどによる非効率は無視できない重大な問題に発展するでしょう。
今回ご紹介したような農作業システムがある事で、こうした問題を軽減する狙いがあります。
また、働く人皆の認識が合いやすくなり、ひいては作業の質・作物の品質も一定に保つことが期待できると考えています。

なんだかスケールが大きい話になってしまいましたが、現時点では僕一人しか閲覧者がいません。笑
将来重要な役割をもつ基幹システムなんだということをモチベーションに、今からじわじわ農作業のノウハウを集積しています。

農作業の傍ら、こっそりと大志をいだきつつ、こうしてweb開発にいそしんでいます。
新年あけましておめでとうございます。 今年も農園ブログをよろしくお願いします。



この年末年始も例年のようにお餅をつきました。
お餅は餅つき機でつきます。

つき上がったら、粉を入れた盆に移します。

熱いうちに手のひらサイズにちぎって丸めます。

30センチくらいの大きな鏡餅もつくりました。
これは、阿蘇の風習でお嫁さんの実家に年末の挨拶に持ってゆくためのものです。


年越しの夜には、親戚のお寺極楽寺に出かけて除夜の鐘をつきました。

年が明けてから4日には阿蘇神社に初詣しました。

3が日は過ぎたのに、神殿から門の外まで長い参拝者の列が出来ていました。

ここ数年年々お客さんが増えている気がします。

奥さんが念願の御朱印帳をゲットしました。
1ページ目は阿蘇神社の御朱印です。
御朱印帳の表紙には阿蘇神社の神殿が刺繍されていてかっこいいです。



毎年年末年始は奥さんの実家に挨拶に行くのですが、今回はじめて鶴木山というところに海を見に行きました。
山の中で生活しているので、砂浜の海岸に行ったのは数年ぶりでした。

透明度の高い澄んだ海水と、広い砂浜の良いスポットでした。


なんだかとりとめもない日記になってしまいましたが、今年は来年よりもマメに更新できるようにします!!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
10月はこのブログの更新ができませんでした。
いつも読んでくださる方には大変お待たせして、申し訳ありません。

突然ですが、、、
10月はいったい何をしていたの?
ということで、今日は10月の振り返りダイジェスト記事を書こうと思います。

まず、10月3日には、田んぼで草取りに活躍してくれた鴨を福岡県久留米市の精肉加工会社までトラックで運びました。
6日には鴨を運ぶカゴを回収するために再度出かけました。あそ有機農園のある阿蘇市から目的の久留米市までは片道2時間の道のりです。
途中、福岡県うきは市の道の駅や大分県大山町の道の駅などで休憩しながら移動しました。

道の駅うきはからの眺め


大分県大山町は、進撃の巨人の作者 諫山創さんの出身地だそうで、道の駅大山近くの物産館「ひびきの郷」では進撃の巨人の展示がおこなわれていました。


その後9日からは、イチゴのハウスのビニール張り替え作業をメンバーみんなで実施しました。
朝6時半くらいから8時半までの2時間この作業をし、その後昼前までトマトの収穫の作業をします。
2日がかりでビニールをかけました。


そして10月10日から丸2日間、猫のクロが家に帰りませんでした。
基本的に、いつでも自由に外に行ける半野生状態で暮らしていますが、いつもは必ず毎日帰ってきます。
しかし、この期間は何日も帰らず、方々探してみても出てこないので家族みんなとても心配しました。
ポスターをつくって貼りだしたり、近所にチラシを配ったりしましたが、結局有力な情報は得られないまま心配して過ごしていました。この時はもう一匹のげんちゃんも心なしか寂しそうにしていました。
そうして失踪3日目の、13日の夜中2時頃に突然どこからか帰ってきました。
目立った外傷や疲れた様子も無いので安心しました。 よく無事に帰ってきてくれたと本当にうれしく思います。


もうどこにも行かないでね!

11日には地域の運動会があり、夫婦で参加しました。


綱引きや、玉入れ、ゲートボールなどいろいろな種目が行われていたようですが、僕たちは「フラバール・バレーボール」という種目に参加しました。
フラバールバレーは、おおまかには通常のバレーボールと似ているのですが、主に下記のような点がバレーと異なっています。

1.三角形をした特殊なボールを使用する
2.相手からの返球はワンバウンドしてからレシーブしなければならない
 (サーブは直接レシーブしなければならない)
3.ネットはバトミントンの高さ(通常のバレーボールより低い)

特に2番目のワンバウンドレシーブは、慣れるまでは思った以上に苦戦させられる曲者のルールです。
楽しいレクリエーションでした。
基本的に出不精なのですが、要所要所ではこうした地域の活動にもちゃんと参加しています。

そして、10月12日からやっとお米の収穫作業を開始しました。
例年よりも日照が少なかった事などの影響で少し遅めの着手になってしまいました。
定期購入のお客様やご予約を頂いていた皆様には大変お待たせしてご迷惑をおかけしました。


収穫、乾燥、籾摺りをしてすぐにみんなで試食しましたが、例年に劣らずおいしく仕上がっていました。


10月振り返りダイジェストもまだ中盤ですが、ちょっと文章が長くなってきたので一旦この辺で前編区切りとさせていただきます。
後編にも乞うご期待!!
10月の振り返りダイジェスト後編です。

10月中旬はずっと新米の収穫や、定期購入や予約のお客様にお米の発送をしたりしていました。
毎年新米の時期にはたくさんのご注文を頂きます。出荷作業はとても忙しいですが、こんなにたくさんの皆様にお米を食べていたいているんだなと実感できる嬉しい作業です。うちのお米を選んで食べていただけるのは本当にありがたい事だと感じています。
ご注文頂いた皆様ありがとうございます!

そしていつもお米を置かせていただいている道の駅阿蘇にも新米を出荷しました。
事前にいろいろなポップを準備してくださっていたそうで、売り場をのぞいてみたらものすごく豪華な展開になっていました。
また、炊きたてのお米の試食もあわせて実施いただいて活気のある売り場でした。
道の駅阿蘇のスタッフの方にも感謝です。ありがとうございます!


新米の収穫や出荷の作業で忙しくしていましたが、その直後10月25日から3日間は東京に出かけました。
サカナクションのライブにも行ってきました。ものすごい演出と音楽でした!


喫茶店ベローチェで、3杯ドリンクを飲むと黒猫の人形(フチネコ)がもらえるというキャンペーンがあり、3日間の滞在で6杯ドリンクを飲んで、人形を2つゲットしました。熊本にはベローチェがないので頑張りました。
クロにそっくり!


10月30日は夕方から福岡県に出張です。


31日に有機農産物のビジネスマッチングが開催され、これに参加してきました。




九州各地や四国や和歌山県からも、お茶や野菜、梅やみかんなどいろいろな有機農産物と農家が集まりました。
バイヤーさんとの商談が主ですが、いろいろな生産者と交流出来ることはとても刺激になります。
栽培方法や、販路、商品パッケージなどについて参加者とお話できた事が勉強になりました。

帰りには福岡グルメも堪能しました。
温かいうどんは疲れた体にしみる最高のおいしさでした!


こんな感じで忙しく過ぎた10月でした。
11月はもっと頻繁にブログを更新できるよう頑張ります!