AUTHOR : 山本倫大 / 東京でサラリーマンをしていましたが、2013年就農しました。

最近のエントリー

過去のエントリー

2017年
1月(1)
2016年
1月(1) 2月(1) 3月(2)
5月(1) 6月(1) 8月(3)
10月(2) 11月(1)
2015年
1月(2) 2月(1) 3月(1)
4月(3) 5月(2) 6月(2)
7月(2) 9月(4) 11月(3)
12月(3)
2014年
1月(5) 2月(4) 3月(4)
4月(3) 5月(3) 6月(3)
7月(2) 8月(1) 9月(2)
10月(4) 11月(2) 12月(1)
2013年
2月(5) 3月(3) 4月(1)
5月(2) 6月(3) 7月(2)
9月(5) 10月(2) 11月(1)
12月(5)

タグ

< 戻る
昨日はお米の栽培状況についてダイジェストでお届けしました。
今日はイチゴやトマトについて書こうと思います。


イチゴ


6月上旬、土を詰めておいたポットに親株から出たランナーをピンでとめます。



7月上旬、すべてのポットにランナーをつけ終えて、次第に葉が茂ってきました。葉が茂るということは、根も伸びています。今までは親株から栄養を受け取っていたランナーの先端が、自らの根で徐々に自活できるようになっています。


8月上旬、親株とランナーでつながっていた苗を切り離し、余分なランナーを取り除きます。日光と水が均等に行き渡るように苗を等間隔に並べます。もうだいぶ苗らしくなってきました。9月上旬の定植まで水やりなどをして管理します。


一方、苗を植えるハウスの方でも土づくりを進めています。
4月に収穫が終わってから、ハウスの中のビニール類や支柱、イチゴの株などをすべてかたづけておきました。6月下旬には次期作のための土づくりを始めます。一度トラクターで耕しておおまかに整地した後、萱ロールを運び込んでひろげます。


萱をトラクターで耕し鋤き込んだら、ビニールをかぶせ、中に水をたっぷり入れます。ハウスを閉め切って1ヶ月半くらい放置して、土の温度を上げます。


げんもお手伝いです。

その後、8月中旬、ハウスを全開にして土にかぶせたビニールもすべてはぎ取ります。
これから8月後半の間に定植のための整地などの作業を進めます。



トマト


6月下旬、トマトはまだ腰の高さくらいです。


8月上旬、身の丈程に伸びてかなり茂ってきました。


今では、完全に人の背丈を超えて大きく育っています。
これから11月くらいまで収穫が続きます。



だいぶ前ですが、6月14日にじゃがいも堀りをしました。今年も豊作です。


夏の大観峰からの眺めは草原と水田の緑が美しく、絶景です。


お盆前に、大観峰の茶店のまわりの草切りも地区のみんなで済ませました。


猫たちは夏の暑さにも負けず、外で元気に遊んでいます。 あついから外に出るの止めとけばと言っても聞きません。ハァンハァンと鳴いて外に出してくれと要求してきます。
野良猫に背中を襲われて手術して以来、外に出ないようにしていたクロも日中は外に出て遊ぶようになりました。姿は見えなくても、ちゃんと呼べば戻ってきます。



お盆は過ぎましたが、まだまだ厳しい暑さが続きます。毎日たくさん汗をかいてびしょびしょになりながらトマトの収穫と手入れ、イチゴの苗の準備と土づくりなどを進めています。