皆様には大変お世話になっております。 また、大変お待たせ致しましたが、よ うやく新米が出来上がりまして、お届 けできるようになりました。今年の作 柄は7月13日と8月2日に襲来した 台風4,5号の影響で葉が痛んで心配 されましたがその後は好天に恵まれましてまあまあの収量が見込めるようです。今年はまだ暑い夏が続いてますね。コンバイ ンの運転もエンジンの熱と太陽のジリジリ暑さと稲のジガジガ埃で体中がちかちか不 快感です。でも1年の作業の集大成。運転席の上から稲株の大きさや「わら」の長さ、 雑草が上手く取れているかなどを見ながら作業を進めていきます。楽しみの時です。

我家では稲刈りの時に藁は小さく裁断して 土に戻して来年に向けての土作りに備えま すが、慣行栽培の農家では畜産農家に売っ ています。今年は連日の好天で藁はきれい に乾燥して、機械で大きなロールに梱包さ れていきます。藁のロールは九州内の畜産 農家に引き取られていきます。以前はどのわらこづみ 田んぼも右の写真のような「藁子積」が見られましたが畜産の衰退の中でそれも見られなくな っていました。ところが数年前にアジア各地で 牛の伝染病が発生して、海外産の藁が輸入禁止 になってから、阿蘇の藁が見直されるようにな り今では、「我家以外の」と言っていいほど全て の田んぼの藁が梱包されています。

今年も田んぼで活躍した鴨ちゃんが丸々と大きくなりま した。合鴨米をご利用の皆様にも鴨肉を是非食べて頂きた いと思いましてご案内申し上げます。

宜しくお願いします。

写真 文責 山本誠也

半身 約500g 800円(税込、送料別)