皆様こんにちは。 9月分の米の発送が遅れまして皆 様には大変ご迷惑をお掛けいたし ました。最近の晴天で稲刈りも順 調に進み、やっと籾摺りが出来ました。今年の稲作を振り返りますと田植え直後の大雨の時、カモ達が増水した田んぼの中を泳ぎ まわり苗が踏倒されて流れてしまいました。お盆の頃には稲の穂が出て花が咲く大事な時期に2 週間雨が降り続きました。また稲刈りの時期にも長雨がふり、苦労の多かった1年ではありまし た。 「あんたん所ん田は鴨に踏んたくられて稲がのうなってしもとるばい」日本語に直すと「あなた の田んぼは鴨に踏倒されて稲がなくなっていますよ」我家の田んぼは毎年鴨に荒らされて稲がな くなるのが恒例なのですが、今年は特に激しくて「珍百景」なのか、通りかかった車が急停止し たり、また運転手がわき見運転しながら通たりして危なくて仕方がありません。そんなこんなで 何とか収穫も終わったわけですが、作柄的には天候不順で2割減収、稲がなくなった分が1割減 収で歯がゆい部分もありますが今年、日本各地に起こった災害などに被災された方々の事を思う と阿蘇の青空の下で何事もなくコンバインに乗る事ができる幸せを改めて感じます。

最近は古米が人気なんですが新米はまた新米独特の香りがあります。どうぞ阿蘇の田んぼのこ とを思い浮かべながらご賞味下さい。

文山本誠也 写真幸美